茨木市ののパソコン教室です。南茨木駅から徒歩3分。
初心者OK。資格取得OK。持込みOK。託児OK。
何かと自由な教室です。



ぱそこんる〜む ブログです。
パソコン教室での日々の出来事や、Tips・解説や、お知らせなど、思いついたままつづっています。教室ホームページへはリンクからどうぞ。
こねこ時計


  毎月15日・末日お休みです。

Profile
Links
おすすめサイト

かわいいイラストのあるサイト
イラストわんパグ

最高に使いやすい家計簿のあるサイト
やさしい家計簿

キャンペーン中


Comment
Category
NewEntry
Archives
Other
Mobile
qrcode
住所録づくりに役立つ関数 EXCEL
Excel関数学習中の生徒さん
文字列を結合するCONCATENATE関数で県名とそれ以降の住所を結合。
WEBからの入力データーを処理するときなんかに便利そうです。

実際手入力で名簿を作るときには郵便番号で住所変換行うことが多いと思います。
でも、郵便物出す時に都道府県名入れたくない場合もありますよね。
そんな時、郵便番号で住所変換した住所を使って都道府県とそれ以降に分けてみましょう。

B列に郵便番号を入力して変換で住所にします。

A列ではPHONETIC関数で郵便番号を表示

C列ではIF関数を使って”県”の場所によって取り出す文字数を変えています。
B列の文字列の4文字目の一文字が”県”だった場合、左から4文字、
そうでない場合は左から3文字取り出す。
神奈川県・和歌山県・鹿児島県の3県以外は都道府県みな3文字なんです。
ちなみに、大阪都に変わったとしても使えます(^_-)-☆

D列ではB列文字列の文字数を数え、右から取り出す文字数を決めています。
B列の文字数を数え、C列の文字数分を引いた文字数分を右から取り出す。

いかがですか?


Excel comments(0)
comment
send






(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.